お局を上司に相談※感情的に報告して失敗したわたしの体験談

職場のお局の対処法で「上司に相談すること」を考えるのは、あるあるですよね。

上司ですもの、きっと力になってくれるはず!

という淡い期待もありますし、もうそこしか頼る術がない!という人もいると思います。

わたしも、若い頃に上司に相談した経験がありますが、見事に流された経験があります。

意を決して相談したにも関わらず、大ショック。

上司に相談するときには、コツが必要です。

わたしのように失敗しないように、経験が参考になれば幸いです。

目次

お局様の悪行を上司に相談したわたしの体験談

お局問題を上司に報告して失敗した

お局様は『したい、やりたい、聞きたい放題、言いたい放題』。

上司にすぐに報告を!!と思いたいところでしょうが、ちょっと待ってくださいね。

わたしこんなことされたんです~(泣)!!

と感情的に報告しても時間の無駄です。

リアルな職場の現状は、そんなことで改善されるほど甘くはないことがあります。

わたしは、お局様の言動行動に悩まされ、意を決して職場の上司へ相談しました。

上司B

嫁、姑の関係の勉強と思って頑張ってくれ~(聞いちゃいない)

知らねーよ。

そもそも、職場でなんでそんな勉強せにゃならんのよっ

今思えばですけど、こういうこと言うってことは多分自分家が揉めてたんでしょうね。

もっと解決に向けてリアルに改善できる方法を・・・!

平じゃ無理!役職のついているあなた(上司)から!!

と思うところですが、わたしの場合、現実はこんなものでした・・

最後の頼みの綱だと思っていて、報告にも相当の勇気が要ったというのに、大ショック。

お局問題を報告しても上司にメリットがない場合が多い

お局問題は解決する上司にメリットがない場合が多い

お局問題って当事者からすると、会社に行くのがしんどくなってしまうほどの一大事です。

耐えられなくなって退職が過ぎることも何度もありました。

真剣に解決に導こう!

としてくれる上司がいる会社であれば良いですが、わたしの場合は違いました。

淡い期待を抱いていた自分が浅はかだったとも、今は思います。

現在、日頃お局問題を相談されることもあり、この手の問題を職場の男性と話す機会もあります。

そこで感じたわたしの見解ですが、実際、この手の問題は、自分の出世とは無関係ですよね。

関わって得することなんて、ひとつも無いんです。

解決しようとしても(そもそも解説できない場合が多い)、解決する側にメリットがゼロなんです。

なぜメリットがゼロなのか?
  • お局は、何かしら部署の権限を持っている
  • 上の上司(社長とか)から気に入られている
  • うまくやっていた方が何かと便利
  • 逆を言えば、嫌われると不都合が多い

お局様って何かしら部署の権限を持っていたりしますし、さらに上の上司(社長とか)から気に入られていたりします。

気に入られるというか、そうなるように動いています。

うまくやっていた方が何かと便利だったりもするんです。

逆を言えば、嫌われると不都合が多いんですね。

特にですが、業務の滞りなんて一番厄介ですよね。

わたしが見たり、聞いたりしてきた数々のお局様は、気に入っている人のためならば、即座に動いています。

特に役職、あと顔採用あり。

コネクションを使って、特別待遇もあったりして、見方につけておけば、結構強かったりもするんです。

そんな人をわざわざ敵に回してまで、事態を良くしようと改善試みるってすごい労力、もしくは圧倒的な権力が必要です。

そうなると、お局に対して諦めという境地に入り、自分に与えられた仕事をこなし、波風が立たないことを願う・・・という状況かもしれません。

ただただ、あなたに対して、お局とうまくやって貰いたいと願っている可能性だってあり得ます。

上司のそういった行動も、理解はできなくもないですが、当事者はたまったもんじゃないんですよね。

お局の悪行を上司へ相談するときに気をつける2つの大事なこと

お局問題を相談するときに気をつけること、ワンポイントする女性

色々なタイプの上司がいますから、簡単に言うならば「事件化」してしまうのが一番です。

そう、見過ごすことが出来ないくらいの「一変の事件化」。

↓できるアドバイスはコレです

お局の悪行を上司に相談するときに気をつけること
  1. メモを取っておく
  2. タイミングを間違わない
  3. できればお局よりも階級が上の上司に報告をする

急に思い立って、報告・相談しよう!

と思っても、いざ上司を目の前に「どうした?」などと言われると、緊張のあまり言いたかったことが殆ど飛びますし、現実味がありません。

百聞は一見に如かず

信ぴょう性が無いワケではないでしょうが、物的証拠もない相談事を解決に導くって難しいですよね。

考えてもみれば、第3者から聞いたことだけを鵜呑みにできません。

もし、上司への報告を迷っているときは、日頃支障が出た数々の出来事をメモっておきましょう。

そして、タイミングを間違わないこと。

上司に報告するチャンスが必ずあるはず。

一番のチャンスは、お局が気を抜いて、いじめている社員(あなた)の上司がいる前で罵倒してしまったときですね。

さっきの見られていましたでしょうか?実は他にも・・・
※メモが大活躍します

目の当たりにすると、話が早いですよ。

だって、言われていたり、されていることは、びっくりされるようなことばかりですからね。

常日頃は、男性社員がいるところで罵倒してしまうようなことがないように、注意を払っているお局様ですが、基本的に感情的な人が多いので(そもそも理性が働いていればお局にならない)、こういうチャンスが来るはずです。

こんなチャンス2度ないので、報告漏れを防ぐためにメモは有効です。

業務が滞ってしまうような事態であれば、仕事ができませんから、すぐ動いてくれるのが通常パターンです。

ただし、報告した上司がお局の役職(階級)よりも下の上司だと、効果は殆どありません。

お局様は、就いている役職で判断しているところもあるので、お局よりも強い権限を持つ上司への相談が一番早くことが進みますよ。

単なる愚痴で片づけてもらっても困りますよね。
愚痴るなら、飲み会でブチまけるかですね・・飲み会で聞いてくれる上司がいる会社であればですが、聞いてはくれても解決には至らないでしょう。

お局問題に頭を悩ませる時間は無駄・・・とは言えません。

経験ですから、無駄になることはないと思いますが、この問題を抱えてしまうと快適な職場ライフとかなり遠ざかってしまうではないですか。

そして、理想のワークライフバランスからも遠ざかるんです。

できれば問題として抱える人が減ってくれるといいな・・・・と思って記事にしてみました(*’ω’*)

それでも気を病んでどうにもならない、前向きに考えられない、もう気を病んでうつになりそう・・・そんなときは、転職して心機一転気を取り直した方が良いと思います。

お局に対して、皆が諦めという境地に入り、自分に与えられた仕事をこなし、波風が立たないことを願うという状況が改善される可能性は極めて低い。

この手の問題は、囚われてしまうと厄介です。

わたしも経験者ですが、職場を変えることで悩みから解放されることはありますよっ^^お局byebye♪

二度と会いたくない。

お局問題を上司に報告して失敗した

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる