引き継ぎでイライラされないために、こうした方が良いですよ

  • URLをコピーしました!

心機一転、転職して、仕事を引き継いでいるときに、前任者から・・

「書いてあるよね?」

「昨日言ったよね?」

なんて過去の私と同じように冷酷な対応されている人、この記事に訪れてるでしょうか?

引き継ぎされる側(後任)と引き継ぎする側(前任)の経験があるわたしが、引き継ぎでイライラされないためにどうしておいた方がいいか、イライラされやすい人の特徴なんかを、経験を基にまとめてみました。

参考にしていただけると幸いです!

目次

引き継ぎでイライラされる人に見られる3つの特徴

わたしは、後任者に恵まれているのか、引き継ぎでイライラした経験はないのですが、イライラしている人の話を聞いたことはあります。

↓イラつかれている人の特徴をまとめてみました。

  1. メモを取らない
  2. マニュアルを読まない
  3. 故に何度も同じことを聞く

かく言う私はというと、引き継ぎをするときに、後任者がメモを取らないとか、マニュアル読まないって、普通にされてたことあります。

個人的にはイライラ、、全くしませんでした。わたしが変わっているのかもしれませんし、その辺りはご想像にお任せします。

ただ、引き継ぎをしていて、あぁ、きっと後で(後任者が)困るだろうな、100%また聞かれるな、、と思うことは、教えている最中に分かるので、そう思ったときはアドバイスさせてもらっていた感じです。

前任のわたし側からすると、後任が困らないように精一杯引き継ぎはさせてもらうし、励ましもする、でも自分が辞めた後のことは後任次第なので、、どうにもできん、、という考えがあるからかもしれません。

わたしのやり方と、後任が良いと思うやり方が違うこともあるでしょうからね。

百々乃

そんな私が経験談を踏まえ、こうしてたら困らないと思うよ、イライラされないと思うよっていうのをまとめておきます♪

1.メモを取らない

メモを取らない

メモを取らない、これでなぜイライラされるかと言うと、覚える気がないのか!?と思われるからです。

多分前任の先輩は、メモらないと後で忘れるってことを知ってます。多分自分が忘れてたから。

困ることも知ってる、手に取るように分かる。だからメモを取らない意味がわからないって感じなのだと思います。

とは言うても、初めて仕事を覚えるときって、何をメモっていいのか分からないこともあると思います。

そんなときは↓参考にどうぞ♪

でも、みんな忘れる前提で仕事教わってないと思うんですよ。

わたしもそうでしたけど、覚えられるって思ってるんですよね。

でも、事務の仕事って、めちゃくちゃ細かいから、まず覚えらんないです。わたしだけかもしれませんが。笑

だからメモった方がいい!とわたしは思う。

イライラもされないし。

2.マニュアルを見ない、とにかく聞く

マニュアルを見る

マニュアルを見て、分からなければ聞く。

ってダルいですよね。

前任まだいるし、聞けばすぐ分かるし、文字読むの面倒くさい。

でも、前任がいなくなれば、マニュアルを見て仕事しないといけなくなるんですよ。

だから見慣れてた方が絶対いい。

マニュアル見ても分からないことかもしれないし、見りゃ分かることかもしれない、その判断がつきますからね。

まず、この判断を自分でしといた方が後々楽なんです。

前任者が丁寧なマニュアル、分かりやすいマニュアルを作ってくれているとは限りません!!それはもう運!

仮に、マニュアル見ても分からないことだったとしてみてください。

後々そっちの方が面倒です。聞く人辞めちゃってるし。

どこに書いてあるか、分からないってこともあるかもしれないし、読んでも「で?何が言いたいの?」ってマニュアルかもしんない。

(何語?)みたいな。

見て、分からなければ補足して書き足した方がいいし、どこに書いてあるか、そもそもマニュアルに記載があるのか?なんかは把握しておいた方がいい!だからこそ、自分のために、マニュアルを見た方がいいと、わたしは思う!

マニュアルにないものを探す、、結果無い!!なんてことが、私は面倒なのです。「ある」or「ない」の把握だけでも大事だと個人的には思ってます。

3.故に何度も同じことを聞く

何度も同じことを聞く

これ、よく聞くことです。

メモを取らない、マニュアルを見ないから、何度も同じことを聞くことになる。

前任は、これが手に取るように判断つくワケです。

だって、マニュアル作ったの自分だし、メモを取ってって言った所も覚えてるだろうから。

言ったのに、メモ取ってないからーーー!!

書いてるのに、マニュアル見てないからーーー!!

何度も何度も同じこと聞いて!てなるみたいです。

別にいいじゃん、何度も答えりゃ、、って個人的には思いますけど、人によっては、そうもいかない場合があるみたいです。

怒る人は怒るしイライラする人もいる、かと思えば私みたいに何だか放任主義みたいな人もいる、、それが「仕事の引き継ぎ」です。

引き継ぎで失敗していた後輩の話※さすがにコレは酷かった

先輩が退職することになり、後任の新人さんが入社してきました。

引き継ぎを横デスクで見ていましたが、正直後で困りまくるだろうなと思っていました。それか天才かのどっちかだろうと。

まず、まじでメモを取っていない。

ついでに言うと、足組んで頬杖付きながら聞いている・・・

(気は確かか?)

大丈夫なのかな??と思ってたら、先輩が退職して独り立ちしたころ・・・

「あのーー、、これってー、何って入力するんでしたっけ?どこにファイルがあるかも分からないんですけどー」

(わたしは人事、あなたは福利・・・こっちが聞きてーわ・・)

反省してない人

「・・・教わっていない・・?」

「教えてはもらったんですけど、忘れちゃったんですよねーー、マニュアル見てもどこ見ていいのか、どこに書いてあるのか、わかんなくってー」

一応聞いてみた。

「メモは?無い?」

「あーー取ってなくてー」

(でしょうね、見てました、やっぱ天才の部類ではなかったようだ・・)

書類、ファイルの類いは、わたしの机にまで置いている・・・

仕事以前に、何か足りていない気がしないでもなかったですが、結局先輩が、退職後、出戻って教えなおしていました・・・

そのとき先輩に聞いてみると・・先輩は何度も「メモ取らなくて大丈夫??」って聞いてたみたいですが、「大丈夫です♪わたし覚えられるんで♪」て言ってたそうです。

(こういう人は、イラつく通り越して、まじで怒っていいと思っている)

引き継ぎでイライラされるのは自分が悪いの!?

色んな人がいるので、、↓に見当たることがなければ、別に気にしなくて大丈夫じゃないでしょうか。

  1. メモを取らない
  2. マニュアルを読まない
  3. 故に何度も同じことを聞く

引き継ぎでイライラされるのは、自分以外の他に原因があることもあります。

↓以下はわたしの体験談です

引き継ぎをうまく乗り切るコツ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる