【20代】公務員から民間企業に転職、給料は減ったけど満足※Wさん

  • URLをコピーしました!

転職エージェントを利用されたことがなくて、不安。という方もいると思います。

体験談をあつめてみたので、参考にどうぞ。

今回、この記事では、リクルートエージェントを利用して、事務に転職成功されたWさんの体験談↓を掲載しています。

★20代、公務員(転勤あり)から、僻地へ飛ばされたことをきっかけに事務職へ転職したWさん

目指すは同じ事務職、転職エージェント利用へのアドバイス、転職時の年齢やスキル、職場へ求めたものなど、細かくまとめているので、是非、参考にされてみてくださいね。

目次

20代、公務員(転勤あり)から残業代がしっかり出る一般事務へ転職成功したWさん

Wさんの転職時のスキル
  • 転職エージェント利用の不安:不安なし
  • 自分で選考した企業への応募
  • 転職時の書類選考回数:2、3回添削して頂いて通過
  • 転職時の年齢:25歳
  • 転職前の職業:公務員(行政職)
  • 譲れない条件の指定をしたか?:した※残業代が必ず支払われるところ、土日休みであること
  • 転職先に満足していますか?:している
  • 転職時のパソコンスキル:ワードは問題無いレベル
  • 転職時の資格を保有:特になし

転職を決断した理由

公務員(行政職)⇒一般事務への転職です。

北海道で公務員として務めていました。

公務員と言ってもほぼデスクワーク、事務職です。

転職を決断した理由は、全道転勤があり、免許がなかった私は都市部勤務を希望していたのですが、車がないととても生活できないような僻地に飛ばされたことと、またその時婚約をしましたので、いいタイミングだと思い半年で退職しました。

もちろんワークライフバランスはしっかりしているし、ボーナスも沢山出るしで良いことづくしではあったのですが、友達もいない僻地で暮らすのは私には限界でした。

新しい転職先に満足してる?

退職後は経験していた仕事が事務職しか無かったので、事務職中心に転職活動を行い、今は都市部で婚約していた彼とも同棲できており、給与こそ減りましたが転職して概ね満足しています。

残業代に関しては、公務員時代はサービス残業が当たり前だったので、次の職場は残業代がしっかり出るところがいいと思っていました。

今の会社では5分ごとに残業代がでます。

勤怠管理システムで分ごとに業務管理されていますし、勤怠を押すとパソコンはつけられないようなシステムになっていて安心です。

今の会社はシフト制なので、必ずしも土日休みでは無いのですが、休み希望がしっかり通る会社だったのでその面は不自由なく働けております。

転職エージェントを利用してみた感想とアドバイス

転職エージェントを利用するときのポイント

「転職は大学の卒業のときの就職活動と同じぐらい大変なことだ」と覚悟してましたが、転職エージェントの存在を友人から知りました。

大学時代は大学のサポートなどがありますが、転職は完全1人なので、面接対策や履歴書の書き方のサポートなどがあり、添削などもしてもらえたので、大変助かりました。

結果的には事務職で落ち着きましたが、こういう仕事も向いてるのではないか?という提案もしてくださいました。

人によっては、違った職種を紹介された!という意見も聞いたりしましたが、わたしの場合はそれで視野が広がった部分があります。

「転職エージェントは企業性よりもエージェントの質による」とは友人から聞いていましたが、私は最初から同じ担当者さんに仕事が決まるまでサポートしていただいて、特に不満もなく、親身にサポートしてくださって感謝しております。

友人から受けたアドバイスによると、合わないなと思ったら担当をすぐに変えてもらった方がいいそうです。

個人的なアドバイスとしては、事務の求人は少ないので、複数登録することは必須だと感じました。

転職エージェントへの登録は敷居が高く感じがちですが、相談だけでも大丈夫なんです。

スカウト機能もあり、便利。

忙しい中、自分で転職先をあくせく探す必要がありませんし、面接対策や応募書類のサポートもあるので、効率の良い転職活動はできます。

ただ、転職サイト(転職エージェント)はたくさんあり、それぞれ力を入れていることに違いがあります。

そして、エージェントを利用するに辺りどうしても起きてしまう問題、それは「アドバイザーとの相性」。

転職サイト(転職エージェント)の利用を考えるなら、エージェントの質も見極めるためにも、複数登録して比較しながら利用する方が絶対に効率的はいいですよ。

職場に不満があるなら、「自分が変わる」か「自分のいる場所を変える」かどちらかしかなくて、登録くらいなら、してみても損はないですよね。

登録することで、開ける未来もある。

女性の転職に役立つ転職エージェント

女性の転職におすすめなエージェントです。

転職エージェントは企業性よりも、人によるところが大きいです。

この人どうなの?

こんな風に思ったときは、すぐにほかの転職エージェントに切り替えてもらってください。います。

エージェントに不満や疑問を持ちながら転職活動をするのは時間の無駄です。

転職エージェントは色々で、スキル・考え方にバラつきがあるので、相性が合わない人が担当になってしまうと、自分が意図しないような転職活動になってしまいます。

転職サービスごとに比較するのではなくて、転職エージェントの比較をおすすめします。

納得できる転職活動ができるかどうかは、サービスではなく「相性の良い転職エージェント」に出会えるかどうかにかかっていると言っても過言ではないくらいです

転職エージェントの併用は可能で、続々と出来ている女性へのサポートに長けている転職サイト(エージェント)を使うといいです。

女性向けの転職エージェントは、事務職などの女性に人気の職種に強みがあることが多く、女性ならではの悩みにも詳しいです。

女性なら、会社がちゃんとお金を出してまで欲しいと思っている会社に応募した方が断然いいです。

ブラック企業への転職リスクが無くなるので、その辺はハローワークよりもオススメです。

↓以下、特性をまとめているので、参考にしてみてください。

リクルートエージェント

運営会社設立公開求人数
(株)リクルート1977年4,261件
非公開求人数対応地域ポイント
7,548件全国都道府県圧倒的な求人数
※管理・事務で検索、4月時点

転職サイト「」と同じ株式会社リクルートが運営する、国内最大の求人数と転職支援実績のある転職エージェント
何と言っても求人数が多いので、他の転職エージェントと比較検討しながら進めると良いです。

スカウトサービスもあり、自分で探さなくて良いので、転職活動に時間を割くのが難しい方も安心して利用できます。

doda

運営会社設立公開求人数
パーソルキャリア(株)1989年110,003件
非公開求人数対応地域ポイント
全体の3割全国転職サイトとの併用可
※利用しやすい
※4月時点

転職サイトと転職エージェト2つの機能を兼ね揃えています。

転職サイトであるdoda中の女性向けコンテンツである「Woman Career」で求人を探し、 doda転職エージェントを使って応募するのが良策です。

スカウトサービスもあり、自分で探さなくて良いので、転職活動に時間を割くのが難しい方も安心して利用できます。

リブズキャリア

運営会社設立公開求人数
(株)リブ2014年975件
非公開求人数対応地域ポイント
非公開全国都道府県手厚いサポート
※スカウト機能あり
※4月時点

ワークライフバランスを優先した働き方を目指している、女性のための転職エージェント
未経験の新しい分野・業種へのチャレンジへ精神があり、キャリアコンサルタントの手厚いサポートを希望されている女性の方におすすめ。
ただ、求人は首都圏が中心となっています※他地域も希に有ります!

キャリアパートナーというリブズキャリアのコンサルタントからスカウトを受けることができます。

女性の転職に役立つ転職サイトです。

女性の転職におすすめな転職サイトです。

リクナビNEXT

運営会社設立求人数
(株)リクルート1977年49,047件
非公開求人数対応地域 ポイント
なし全国都道府県スカウト機能
※4月時点

「リクナビNEXT」は上場企業も名を連ねる正社員の求人が多く、しっかりとした企業が掲載されています。

求人数が多いので「スカウト機能」を使うと便利ですよ。

ただ、「転職サイト型」なので、キャリアアドバイザーによる求人紹介・応募書類添削・面接対策の利用はできません。

リクナビNEXTに登録するときに、「転職支援サービスに登録する」という項目にチェックすると、同時に「リクルートエージェント」への登録もできるので、併用できて効率的です。

【とらばーゆ】女性の求人・女性の転職情報サイト

運営会社設立公開求人数
(株)リクルート1977年 2,598件
非公開求人数対応地域 ポイント
なし全国都道府県女性特化型
※4月時点

地域密着型転職サイト。

毎週月曜日・木曜日、週2回サイト更新されています。

更新日以外は求人情報は更新されないので、更新のタイミングでチェックするのがおすすめです。

「産休・育休取得実績あり」「18時までに退社できる」といった女性のこだわりを重視した検索が利用できます。

「子育てでブランクがある」「過去の経験を活かしたい」といった、個人のキャリアに応じた転職サポートも充実しています。

その他参考になるおすすめサイト

転職会議

企業の口コミサイトです。退職理由は個人によるところも大きいですが、リアルな企業の実態を知るのには参考になるサイトです。参考程度に登録しておくとリスクヘッジにもなります。

ミイダス

自分の市場価値を大体把握しておくことをおすすめします。

転職エージェントより紹介される案件が妥当な案件かどうか、判断材料になります。

公務員から一般事務へ転職

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次