事務に向いてない人って?辞めたいと思ってしまったときの対処法

事務職に就いてみて、実際に事務職を経験してみると、自分は事務に向いてないんじゃないの?と思うことってありますよね?

ミスは多いし、細かい作業は苦手、数字もよく間違う、計画性がない。

わたしのことです。

でも、わたしは現在事務職です。

事務に限らず、仕事って向き不向きってあると思うんですが、向いてなくても働くことはできてます。

とは言え、隣の芝生は青く見えるじゃないですけど、わたしがそうだったように、異業種が°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°キラキラっとチラついて、事務職を辞めたいなぁ・・と迷うことってありませんか?

迷ったままでは辛いし、異業種に飛び込むのも迷っている・・・という方のために、この記事では、事務に向いてない人ってどんな人のことを言うのか?事務を辞めるにしても、続けるにしても、あなたがこの先、後悔することがないような解決法を記事にまとめています。

参考にしていただけると嬉しいです。

目次

事務に向いてない人って?9つの特徴

事務の仕事を辞めたいと思う

事務は「誰にでもできる仕事」って思われていることが多いですよね。

就く前は、難しく考えもせず「事務」を目指したでしょうし、その後、現実を目の当たりにして事務は辛い!と思う人もいると思います。

▼この他、事務は辛い!と思うときのあるあると対処法はこちら

実際働いてみると、適性って言うんでしょうか・・↓に該当してしまうようなことがあれば、事務には向いてないかもしれません。

事務に向いてない人の特徴
  1. 細かいのが苦手
  2. ルーティンワークが苦手
  3. 数字に弱い
  4. 計画性がない
  5. 整理整頓が苦手
  6. 口が超軽い
  7. デスクワークが苦手、動いていない人
  8. 電話対応が苦手、正しい言葉遣いができない
  9. 性格的なもの※短気、周りと比較しちゃう、人に頼れない
  10. 相手が感情的になった時に、自分も感情的になる人
  11. 忘れっぽい、機転が利かない

細かいのが苦手

細かく、地道な作業がほんとに多いですよね。

備品管理、数字入力、書類整備。

間違うと他の人に迷惑をかけてしまうので、気は抜けませんし、書類整備にしても細かく管理しておかないと紛失します。

ケアレスミスは誰にでも起こりますけど、取返しがつかないような、稀に大変なことになることがあります。

あ、すみません

が通用しなかったり・・・

社内だったらまだ許されますけど、社外だともう・・・その失敗を取り返すべく1日かかって訂正・謝罪作業ってこともあります。

ルーティンワークが苦手

事務の仕事は、ルーティンワークが多いです。

月単位で何日までが〆切、という風に納期に合わせて毎月仕事をしていきますから、飽きてしまうことはよくあることかもしれません。

月初めに「あぁ、月初がまた来たな」と思う、そしてこれを毎月繰り返しますから、仕事しているうちに、なんだか飽きてしまう・・ということは事務あるあるですね。

数字に弱い

事務には、総務・人事事務、貿易事務、医療事務、営業事務などの種類がありますよね。

※他にもあります

経理事務以外の事務でも数字を扱うことは多いので、数字が苦手だと、仕事自体億劫に感じることが多くなりがちです。

普段自分が目にする桁数とかけ離れていることもあるので、注意が必要です。

計画性がない

事務は納期に間に合うように、計画をして仕事を進めますが、ときにはイレギュラー業務もあったりします。

※イレギュラーとは、通常では発生しない突発性の仕事です

イレギュラー業務が入っても、納期内に収まるように前倒しをしたり、後回しにできる仕事を選別しながら計画して仕事を進めていかないといけないので、計画性が無いと事務はしんどいと思います。

整理整頓が苦手

事務はマル秘書類、重要書類を扱うことも多いので、整理整頓ができないと、書類紛失を起こしかねず、そういう人は大体頭も散らかってしまっているので、仕事の優先順位がおかしかったり、何度も同じミスを繰り返したり、計画性を持って何かを進める・・ということが難しいものです。

ついでに言えば、意味不明な残業時間があったりもするので、事務には不向きです。

口が超軽い

会社の情報や個人情報なんかを、軽々しく他社や外部に漏らすような人には、事務は向いてないです。

デスクワークが苦手、じっとしてられない

事務って基本デスクワークなので、立って身体を動かしていたい!という人には向いてないです。

気が付くと、トイレと昼食、休憩意外席立ってなくない?という日もあります。

仕事していれば、慣れますし、気にならなくなるものなんですが、慣れるまでが億劫です。

集中力が続かないとも言えるかもしれません。

電話対応が苦手、正しい言葉遣いができない

電話対応が苦手という人、結構聞いたりしますが、事務とセットになって付いてくるくらいの仕事です。

電話に出ない事務なんてありません。

クレーム電話や、問い合わせの電話、取引相手からの電話など色々なパターンがありますが、取っていればどんな人でも慣れるものなんですが、苦手意識が強いと事務には向いてないと言えるかもしれません。

性格的なもの※短気、周りと比較しちゃう、人に頼れない

事務職って予定どおりに自分の仕事が進まないことが多いです。

ルーティンワークにプラスしてイレギュラー業務、これにプラスして、急な依頼ごと、電話応対、雑務、来客対応、こんな感じですよね。

午前中の時点で・・・

おぉ・・何にも進んでねー

こんなこともあります。

イライラが顔に出てしまったりして、ドッカーンと爆発してしまうような性格なのに、周りの人は、皆上手にやっている・・という風に他人と自分を比較してしまうと、事務を辛く感じてしまいがち。

いい歳して、こんな自分が嫌だな・・なんて思い出してしまいます。

そんなときって、上手に周りに頼って仕事を分散してみたりすればいいんですが、仕事も抱え込みがちになってしまうと負のループができあがりますよね。

相手が感情的になった時に、自分も感情的になる人

どの仕事でもそうですが、仕事してると理不尽なことって多いじゃないですか。

は?と思えるようなこと、ありますよね?

経験上ですが、は?と思えるようなことでも一旦は「はい」がベスト!

一旦、その場から持って帰って席に着く、やっぱりおかしいんじゃないかと心から思えたときに、落ち着かせて上司へ相談する。

こうしていると、論理的に話ができるので、自分の主張を上手に通すこともできると思います^^

忘れっぽい、機転がきかない

事務は、仕事を頼まれることは日常茶飯事なんですが、忘れっぽい人っていますよね。

自分の信頼がなくなるだけなら、別にそこは構わないですが、頼んだ方は忘れられちゃたまらないですよね・・

「頼んだことをしっかりしてくれる」というのは最低基準で、ここから「頼んだことプラスαでする」が必要です。

とにかく、仕事にしても、人間関係にしてみても「気が利いてなんぼが事務」というところがあるので、機転が利かないと、向いてないと言えるかもしれません。

レスポンスがすごく遅いとかもそうです。

遅くなりそうなら、相手にどれくらいまで期日を伸ばせそうか確認してみたり、周りと連携取ることも大事だったりします。

そう、「口が軽い」意外は過去のわたしです。

まじかよ?という声が聞こえてきそうですが・・・紛れもない事実です。

それでも、事務って続けてこれたんですよね。

わたし以外に・・・「何個か当てはまるんだけど!?」という方、いらっしゃいましたか?

向いてないと思ったときの解決法は↓基本的に下の2つしかありません。

事務に向いてないと思ったときの2つの対処法

まず「向いてない」と感じたときにできることは、職場変更で、担う事務の種類を変えるか、全く違った異業種へ転職するかどちらかです。

この2つのどちらかになりますよ
  1. 異業種へ転職
  2. 事務の分野を変える※職場変更

事務から異業種へ転職をしてみる

あなたが今、事務に向いてないと感じている、思っているということは、向上心があり、努力家な方だと思います。

大多数の人は「事務に向いてない」なんて気にもせず働いています。

向いてないと悩み、考えながら仕事ができるあなたであれば、要領が良くなるのも早く、向いてなくても、それなりにできるようになって行くことができると思いますが、事務以外の異業種にチャレンジしてみたい!というその気持ち、分からなくもないです。

わたしがそうだったように、異業種が°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°キラキラっとチラついて、事務職を辞めたいなぁ・・と感じることもありますよね。

あなたが20代であるなら、異業種もアリだと思います!

転職市場において、柔軟性に期待ができる20代の独身のうちが転身しやすいですし、また事務に戻ろうかな・・なんてときも、できれば20代であれば、取返しもつきやすいです。

事務職はライフステージを考えたときに、子育てと両立もしやすい職種で人気。

産休・育休が整っている会社であれば、ライフステージに合わせて、事務に戻っておけば、そのまま復職も狙えますからね^^

そんなこと言われたら、余計迷ってきたよーーーという声も聞こえてきそうです。

迷うなら、もう少し事務を続けてみるという手もあります。

事務って一括りにしないで、事務の種類を変えてみては?

え?どういうこと?と思われましたか?↓こういうことです^^

事務の種類を変える職場変更

わたしの場合は、パソコンインストラクターから経理事務へ、その後人事・総務という事務に転職しています。

理由は、ライフワークバランスを重要視してパソコンインストラクターから事務職へ転職していたので、そこから異業種へ飛び込む理由もありませんでしたし、色んな意味で勇気がありませんでした。

結婚も意識してましたし、年を重ねても長く働いていたい私にとって、事務ってやっぱり家庭との両立がしやすそうに感じたからです。

経理事務はキャリアップも望め、産後復帰するにも人気の部門、こういう打算だけで飛び込んだんですが、いかんせん、わたしには合わなかった・・

数字を扱うのが思いのほか億劫すぎて、数字の扱いが少ない「人事・総務事務」の仕事に転職しました。

こんな風に、事務は事務でも「事務の種類」を変更することで、事務に向いてないなー・・やりがいないなーと思いはどこかへ行き、今まで継続することができています。

事務は事務でも、自分の適性に合った事務に就くことができると、仕事に対する悩みもなくなりますよ。

わたしの場合は「人事・総務」部門で、どこでも役立つような知識を深めることができる事務であったことが、自分の性格や思いとマッチしていたようです。

事務は「手に職」という分野とはかけ離れているようにも思えるでしょうが、税金の知識も増え、人生でものすごく糧になっている仕事だと自分なりに満足していますし、現在「事務に向いてない」と感じることはないです。

どんな仕事でも、あなたにとって良い面と悪い面はあるので、目先のデメリットに囚われすぎず『デメリット』だけに焦点を当てる前に、まずは自分なりに「仕事に感じる不満、そしてあなたが仕事へ求めるもの」をはっきりさせておいた方がいいですよ。

気を付けたいのは、「事務に向いてない、やりがいない・・・」とだけ言葉にして転職活動をしたときです。

転職先でも同じように考えて、また転職といった転職ループにハマって、ジョブホッパーになってしまわないように気をつけてくださいね。

退職した後に、後悔する相談も受けることがあります。

向いてない・・と思って転職するのはいいですけど、ある程度の目的は必要です。

確かに、自分に向いていると思う仕事ができていて、それで食べていくって理想ですよね。

ただわたしは、向いていなくてもそれなりに仕事をしている人が大半だと思っていて、基本的に『事務に向いてないと感じていても続けることはできる』と思っています。

そう、事務の種類を変えてしまえば、解決する悩みだってあります。

あとは、興味のある分野の事務に就くのも解決策のひとつです。

会社の業種で事務内容はかなりガラっと変わるので、その辺りは業界に詳しい方に詰めて聞いた方が失敗もないですよね。

事務に向いてないと思って悩んでいる方に向けて、記事を書いてみましたが、転職すべきかどうかそもそも判断が難しい、転職してしまう前に、会社について色々情報が知りたい、心配だという人は、転職エージェントを利用するといいですよ^^

敷居を高く感じる人もいるかもしれませんが、使わないのは損だと思います!

事務に向いてないと思ったら転職エージェントに相談するのも良き

漠然と「事務に向いてない」と感じていると、転職すべきかどうかも分からないし、じゃぁ自分に何が向いてるの?と思いませんか?

そういうときは、積極的に転職エージェントを利用した方がいいですよ。

判断を間違って転職したとしても、結局すぐ転職してしまうことになりかねない、ジョブホッパーです。転職の動機、今転職すべきかどうかという判断を、転職エージェントのキャリアアドバイザーにじっくり相談していくことで、納得の行く決断をすることができます。相談してから、今の自分に合った新しい転職先が見つかれば、転職先とのミスマッチも起こらないので、ジョブホッパーにもなりません。

転職するときに、一番大事になるのがここです。

ここが曖昧になると、思いもよらない転職になってしまいます。

そこからは、紹介されて気に入った求人や、自分で気に入った求人に応募したり、書類選考に通過することができれば面接です。

転職エージェントは全て無料で使うことができるので、登録されてみて、まずは相談からされてみたら良いと思います。

それだけでなく、通常の求人サイトやハローワークなどには出ていない、非公開求人を持っている転職サイトもあるので、使わないのは本当に損だと思います。

ただ、エージェントを利用するに辺りどうしても起きてしまう問題、「アドバイザーとの相性」というのがあります。

転職サイト(転職エージェント)の利用を考えるなら、転職エージェントのアドバイザーとの相性、自分の将来性をしっかり見極めるためにも、複数登録して比較しながら利用する方が断然効率的です。

転職活動には「運」と「タイミング」があります。

まずは、無料登録が第1歩です!登録して、損はありませんよ^^

事務を辞めるかどうか迷っている女性

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる