事務職※残業時間は平均8時間?多い、少ないは業種と繁忙期で変わる

事務職の残業時間ですが、dodaの「残業の多い職業・少ない職業は?全80業種、95職種別の残業時間調査!」では、比較的残業時間の少ない業種で掲載・紹介されています。

全国的に平均残業時間8時間となっているようです。

それでも過去には、一生懸命仕事をしているのに、未処理の書類は溜るばかり・・・そんな書類を目の前に、涙が溜ったことのあるわたしです。

今現在の残業時間はというと、ありません、0(ゼロ)時間です。

経験談ですが、残業時間は「社風・仕事の繁忙期・個々の力量・事務員の人数」で変わりますし、事務の業種にもよるし、会社にもよる!が一番正しい答えです。そして一番重要なのは、社風です!

この記事では、事務で残業が発生してしまう理由と、各事務職の平均残業時間と繁忙期について、経験段と日頃受ける相談を基に、かなり詳しくまとめています。

参考になれば嬉しいです。

目次

事務職で残業になってしまう3つの理由

事務の残業はなぜおこる

事務職の残業時間は月平均で大体8時間と言われているようですが、これは平均なので、0時間の企業もあれば8時間以上の企業もあります。

事務で残業が発生するとすれば↓大体こんな3つの理由です。

これで残業になりやすいです
  • 自分の仕事を計画的に進めていても、途中でイレギュラー業務を頼まれることがある
  • 来客対応、電話対応で時間を割くことが多くなることがある
  • クライアントを直接相手にしている社員のサポート業務がイレギュラーで入ることがある

事務職の私たちは、納期に間に合うように、自分で計画をして仕事を進めていきますけど、事務職って途中で何かと仕事を依頼されやすいものです。

そう「事務は縁の下の力持ち」って言われるじゃないですか、その名の通り。

短時間で終わればいいですけど「いや、結構時間食うじゃん・・」ってときもあります。

来客対応もありますし、その都度お茶出しや後片付けをしていると結構時間取られたり、電話対応もすぐに終ればいいですが「いや、意外に時間かかっちゃったね・・」ってときもあります。

込み入った伝言だったり、代わりに資料引っ張りだしてきて対応しないといけなくなってしまったり、そんなことも時にはあります。

営業事務だとクライアント対応の社員サポートが入るので、突発も多くなりがちです。

何もかもが予定通りにできた!ていう日ならいいですけど、こうやってイレギュラー業務を抱えながら、事務職の私たちは日頃一生懸命に仕事してますよね。

▼事務は辛い!と思うときのあるあると対処法はこちら

それでも、日々鍛錬して磨き上げたマルチタスクスキルで、定時内で退社できることもあれば、そのスキルが及ばず、意外に時間かかってしまって残業になってしまった・・という日も出たりしちゃいます。

そう、これがよく事務職で起こりがちな残業の正体ですが、事務職って業種(例えば経理事務だとか、営業事務だとか)で、繁忙期と↓平均残業時間にバラつきがあります。

比較的残業が多くなりがちな事務の種類と各繁忙期

残業が多くなりがちな事務の種類と各繁忙期

繁忙期はどの企業にもありますが、事務職を選ぶときに残業時間がどうしても気になるときは、繁忙期のアップダウンが少なそうな企業を選ぶと良いと思います。

繁忙期の波が少ないかどうかは、入社前にわかりづらいですが↓を目安にされてみてください。

事務の種類平均残業時間繁忙期
経理事務11.13~4月※3月決算の場合、12月
秘書11.6役員による
医療事務12.4内科や小児科であれば、冬の風邪やインフルエンザが流行する時期が繁忙期、耳鼻科であれば、花粉症のシーズンなど診療科による
一般事務12.8会社の業種による
薬局事務12.6内科や小児科であれば、冬の風邪やインフルエンザが流行する時期が繁忙期、耳鼻科であれば、花粉症のシーズンなど診療科による
総務事務12.6年末調整絡みの業務に追われる12月から1月
貿易事務13.8取引先によって左右される、春節やクリスマスなどの祝祭日前、円安になれば輸出が盛んになり貿易事務としての仕事も忙しくなることがある
営業事務13.93月や9月etc
残業時間ランキング2019 【15,000人調査】より

※それぞれの職種で残業時間に大きな差はありません

※日で換算すると、1時間あるかないかですが、一定してこの程度(1時間/日)というワケでもありません

※どの業種も月末・月初は大体忙しいものです

↑業種別で言えば、事務の平均残業時間と繁忙期は、上表が参考になりますが、さらに深堀すると、↓事務の残業時間は「社風・繁忙期・力量・事務員の人数」でも変わります。

事務職の残業時間は「社風・繁忙期・力量・事務員の人数」でも変わります

残業は社風による

事務職の平均残業時間は8時間と言われてはいますが、↓実際にはこれでも変わります。

  1. 仕事にも繁忙期がある
  2. 個々の力量によるもの
  3. 事務員の数が少ない
  4. 社風による場合もある

①仕事にも繁忙期がある

事務職には業種によって、繁忙期があります。

※締めに合わせて経費や売上を集計・計上したりetc

月末・月初はどの部門も忙しいですよね。

上半期(4月~9月)と下半期(10月~3月)で締めを設けている会社が多いので、その時期は繁忙期になることが多い印象です。

※繁忙期に必ず残業になるというワケではありません

こんな時期は、ルーティン業務にプラスしてイレギュラー業務の処理が増えるので、比較的残業が多くなることが多いです。

②個々の力量問題

事務員によって、任せられる裁量って差がありますよね。

入社して間もないころ、忙しい忙しいと思って仕事をしていても、数カ月もすれば時間を持て余したりるすもので、気持ちに余裕もできて、要領も良くなり、解らないことを調べる時間も当然減ってきます。

新入社員の方で、わたし残業が多いんだけど?

と不安になりこの記事にたどり着いている方がいたとしたら、安心してください。

そのうち、必ず定時で帰ることができるようになります。

というのが普通で、様子をみて仕事は追加されたりしますよね。

転職して引き継ぐときに「大変だから!」と言われ続けたとしても、数ヶ月してみると「どこが大変だったの?」ということだって十分あり得ます。

それくらい人によって「差」があるのが力量!

③事務員の数

当たり前ですが、事務員の数が少ないと、一人当りの仕事量は増えますよね。

会社によって分散される一人当りの仕事量は違うので、事務員が多くなると仕事量は軽減されるのが普通ではあります。

ただ、会社の規模が大きくなると、事務の作業ってほんとに細かくなります。

ひとつ物を買うでも稟議書が必要だったり、金額によって添付書類が必要だったり、仕事が増えるんですよね。

なので、事務員が多ければ極端に仕事が減るというよりも、それなりに分散されるという感じです。

※↓出来・不出来は別です

④社風による場合もある

残業時間で一番重要になるのがここです。

「残業は当たり前」という社風を持っている会社もあれば、なんで残業してるの!?という会社もあります。

「残業は当たり前」という社風の企業は「定時で帰る=悪」のような、おかしな社風です。

入社したこちら側からしたら、仕事がなければ帰るのが普通ですが、そういう会社にずっといる側の社員からしたら「定時で帰るの!?」という感覚に陥ってます。

それが「普通」なんです・・・怖い、危険。

基本、残業時間ほぼゼロの企業を選びたいものです。

入社前に把握できたら、しておくに越したことないですね^^

こんな風に、残業時間は「社風・仕事の繁忙期・個々の力量・人数」で変わります。

残業時間が多い企業で、ガツガツ稼ぎたいよ!という人は別ですが、できれば残業時間が少ない企業を選びたい!という人が大多数ではないでしょうか?

企業選びさえ間違えなければ、残業時間は0(ゼロ)にもできます。

事務職の残業時間が気になるのなら、転職エージェントを利用しましょう

転職してステップアップ

事務職の平均残業時間が8時間だと言われていても、実際には「事務の種類や各繁忙期」で変わるし、もっと言えば「社風・繁忙期・力量・事務員の人数」でも変わるのが事実です。

ハローワークで残業時間○時間!と書いてあっても、それが事実かどうかわかりませんよね。

入社してから驚いた話はよく聞きます。

甘い蜜で寄せておいて、入ってからまた転職したいと思うなんてまっぴらゴメンです。

女性なら、ハローワークよりも、お金を支払ってまでも採りたいという姿勢の企業をオススメします。

転職エージェントなら、転職前に企業情報を詳しく教えてもらえますよ。

相談するだけでもいいですし、登録しておいて損はないです!

↓参考になるように、まとめてみました。

事務の転職に役立つ転職エージェント

事務の転職におすすめなエージェントです。

転職エージェントは企業性よりも、人によるところが大きいです。

百々乃

この人どう?

こんな風に思ったときは、すぐにほかの転職エージェントに切り替えてもらってくださいね。

はっきり言います。

エージェントに不満や疑問を持ちながら転職活動をするのは時間の無駄にしかなりません。

ほんとに時間の無駄をします。

良いエージェントさんもいるので、遠慮なんて捨て去ってください。

転職エージェントは色々で、スキル・考え方にバラつきがあるので、相性が合わない人が担当になってしまうと、自分が意図しないような転職活動になってしまいます。

転職サービスごとに比較するのではなくて、転職エージェントの比較をおすすめします。

納得できる転職活動ができるかどうかは、サービスではなく「相性の良い転職エージェント」に出会えるかどうかにかかっていると言っても過言ではないくらいです

百々乃

利用されずに、上手に利用させてもらいましょう。

転職エージェントの併用は可能です。

自分に合った転職エージェントを見つけて、続々と出来ている女性へのサポートに長けている転職サイト(エージェント)を使うといいですよ。

しかも、女性ならば、会社がちゃんとお金を出してまで欲しいと思っている会社に応募した方が、断然いいです。

ブラック企業への転職リスクが無くなります。

↓以下、特性をまとめているので、参考にしてみてください。

パソナキャリア

運営会社設立公開求人数
(株)パソナ1993年4,742件
非公開求人数対応地域ポイント
全体の8割全国都道府県非公開求人の多さ
※事務職4月時点

2016年3月に女性の活躍支援に特化したサービスを提供する『女性活躍推進コンサルティングチーム』を発足
全国都道府県に拠点があるため、地域に左右されにくいのも特徴で、パソナキャリアでしか取扱がない求人も保有しています。

要望・悩みに向き合い、キャリアアップも全力でサポート。

女性なら是非確認しておきたい、女性社員が活躍している事例、産休・育休から復帰した女性の数など、自分ひとりの転職活動では得られないリアルな情報を企業からしっかりヒアリングしてくれます。
丁寧なサポートでレスポンスも速く、特に「初めての転職で不安」「慎重に相談しながら転職活動を進めたい」という人に、おすすめの転職サービスです。

スカウトサービスもあり、自分で探さなくて良いので、転職活動に時間を割くのが難しい方も安心して利用できます。

リクルートエージェント

運営会社設立公開求人数
(株)リクルート1977年4,261件
非公開求人数対応地域ポイント
7,548件全国都道府県圧倒的な求人数
※管理・事務で検索、4月時点

転職サイト「」と同じ株式会社リクルートが運営する、国内最大の求人数と転職支援実績のある転職エージェント
何と言っても求人数が多いので、他の転職エージェントと比較検討しながら進めると良いです。

スカウトサービスもあり、自分で探さなくて良いので、転職活動に時間を割くのが難しい方も安心して利用できます。

doda

運営会社設立公開求人数
パーソルキャリア(株)1989年2,348件
非公開求人数対応地域ポイント
全体の3割全国転職サイトとの併用可
※利用しやすい
※事務職4月時点

転職サイトと転職エージェト2つの機能を兼ね揃えています。

転職サイトであるdoda中の女性向けコンテンツである「Woman Career」で求人を探し、 doda転職エージェントを使って応募するのが良策です。

スカウトサービスもあり、自分で探さなくて良いので、転職活動に時間を割くのが難しい方も安心して利用できます。

リブズキャリア

運営会社設立公開求人数
(株)リブ2014年81件
非公開求人数対応地域ポイント
非公開全国都道府県手厚いサポート
※スカウト機能あり
※事務職4月時点

ワークライフバランスを優先した働き方を目指している、女性のための転職エージェント
未経験の新しい分野・業種へのチャレンジへ精神があり、キャリアコンサルタントの手厚いサポートを希望されている女性の方におすすめ。
ただ、求人は首都圏が中心となっています※他地域も希に有ります!

キャリアパートナーというリブズキャリアのコンサルタントからスカウトを受けることができます。

事務の転職に役立つ転職サイトです。

事務の転職におすすめな転職サイトです。

リクナビNEXT

運営会社設立求人数
(株)リクルート1977年5,058件
非公開求人数対応地域 ポイント
なし全国都道府県スカウト機能
※管理・事務で検索、4月時点

「リクナビNEXT」は上場企業も名を連ねる正社員の求人が多く、しっかりとした企業が掲載されています。

求人数が多いので「スカウト機能」を使うと便利ですよ。

ただ、「転職サイト型」なので、キャリアアドバイザーによる求人紹介・応募書類添削・面接対策の利用はできません。

リクナビNEXTに登録するときに、「転職支援サービスに登録する」という項目にチェックすると、同時に「リクルートエージェント」への登録もできるので、併用できて効率的です。

【とらばーゆ】女性の求人・女性の転職情報サイト

運営会社設立公開求人数
(株)リクルート1977年1,099件
非公開求人数対応地域 ポイント
なし全国都道府県女性特化型
※事務で検索、4月時点

地域密着型転職サイト。

毎週月曜日・木曜日、週2回サイト更新されています。

更新日以外は求人情報は更新されないので、更新のタイミングでチェックするのがおすすめです。

「産休・育休取得実績あり」「18時までに退社できる」といった女性のこだわりを重視した検索が利用できます。

「子育てでブランクがある」「過去の経験を活かしたい」といった、個人のキャリアに応じた転職サポートも充実しています。

その他参考になるおすすめサイト

転職会議

企業の口コミサイトです。退職理由は個人によるところも大きいですが、リアルな企業の実態を知るのには参考になるサイトです。参考程度に登録しておくとリスクヘッジにもなります。

ミイダス

自分の市場価値を大体把握しておくことをおすすめします。

転職エージェントより紹介される案件が妥当な案件かどうか、判断材料になります。

事務 残業

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる