事務が辛い※経験者が語ります!辞めたいと思ったときの対処法

事務が辛い・・こう思ったことありませんか?

わたしは、人間関係(お局)にも悩んでいて、ミスをすると部署中に聞こえるように大きな声で注意をされたり、やる気を削がれるので、更にミスを連発する⇒皮肉っぽくまた大きな声で注意をされる・・というような負のループにいた時期があります。

仕事を覚えてスキルを上げたいのに、末端の仕事しかさせてもらえず仕事も引き継いでもらえないし、教えてもらえない、はぐらかされる。

こういうことが繰り返されると、もうただただ、辛い。

せっかく選んで就いた仕事なのに、悩みやストレスを抱えたままで辛かったです。

わたしの場合は、迷った挙句に転職を決意、負のループからは無事に抜け出すことができたんですが、転職をするにしても、しないにしても、わたしの経験と、日頃受ける相談を基に「事務って辛い!」と思えてしまう悩み群と、辛いと思ったときにどうするのが一番いいのか、解決策をまとめています。

参考にしていただけると嬉しいです^^

目次

人間関係でもめると事務は辛い

事務って辛い

上司のパワハラが辛い、独裁的、ビクビクしてしまう

事務でパワハラがあると辛いですよね。

毎日毎日、上司のゴキゲン伺いをして仕事をすると、自信も無くなるのでミスをしやすくなるし、いっつも怒鳴ってる人を見ながらする仕事って、自分が当事者でなくても嫌なものです。

↓こんな上司いませんか?

こういう上司は嫌だ
  • 「まだ!?まだ!?」と早さだけ異常に求める
  • 入社して間もないのに、前任者と同レベルの対応を求める
  • 仕事内容までは把握してないので、すぐできるのが普通だと思ってる
  • 機嫌の上下が激しい、お天気屋
  • 自分の失敗は認めない
  • ターゲットにされると厄介、憂さ晴らしをされる

「まだ!?まだ!?」とやたらとせっかち。

事務の仕事内容を熟知している上司であればいいですけど、内容を把握すらしてない上司が上に付くと、結構時間がかかる書類や手続き、処理も「すぐできるはず」と思われていることもあるんですよね。

入社して間もないのに、前任者と同じくらいのレベルを急に求める人も希にいたりします。

どこにでもいるワケではないですが、こういう上司と関係の築き方を間違ってしまうと「パワハラ」にエスカレートしちゃいます。

そういう人に合わせようとすると、ペースを乱されるしビクビクしてしまうので、マイペースを貫くのも策だったりします。

諦めさせるというんですか?笑

全てのパターンで通用するわけではないかもしれませんが、アリだと思います。

自分には自分の良さがあります!

↓こちらは実際に上司からの辛いパワハラを経験されて、転職された方の体験談です

お局が原因で退職を考えてしまうほど、辛い

職場にお局がいる

お局問題は、わたしも当事者になってしまったことがありますが、仕事に行くのが本当に辛かったです。

毎日泣いて帰る日々、辛い、何のために働いているんだろう・・と自問自答もよくしてました。

お局様ってそれなりに実績を積んでいるので、簡単に退職なんてもちろんしてくれませんし、とは言え、自分が辞めてしまうとお局様の思い通りかもしれない、自分に甘いのかもしれないなんてずっとループして悩んでいました。

わたしの場合は、退職を決断して現在に至ります。

お局様が退職してくれるのを待つって、、、永遠に出口のない迷路を彷徨うようで、悩みに終わりはくるのか?という無限ループを想像するとゾッとしました。

次の会社にお局がいないとも限りませんし、経済的に仕事を辞めることができない人もたくさんいる中、甘いのか、浅はかなのか、お局の思うツボなんじゃないかとすごく悩みもしました。

でも、わたしの人生、お局の思うツボだろうが、甘えだろうが、浅はかだろうが、それでも全く構わないと思えたので、とにかく、今の環境だけでも変えてみようと思いました。

大事なのは自分自身で、決断する勇気だと思います。

↓参考記事はこちらです

事務は辛いよ※お仕事内容編

事務 ルーティンワークに飽きる

ルーティンワークに飽きて辛いよ

事務の仕事はルーティンワークが多い。

毎日、毎月のスケジュール、納期があるので、それに沿って間に合うように仕事をしていくので、そうすると「あ、今日も」「あ、もう月初」「あ、月末だ」この繰り返しになりがち。

慣れてしまうと、刺激が少なくなり単調になってしまうこともありますよね。

そしてなんか違う仕事の方がいいかなーなんて思ってきたりする、これはあるあるではないですか?

ルーティンワークに飽きてしまって、事務職以外の異業種がキラキラっとチラついてます!という方がいたら、異業種に転職を考えるときに気を付けて欲しいことをまとめました^^

自分なりに↓モチベーションを維持できるように工夫が必要だったりします。

やりがい・モチべーション維持が難しいんだよ

わたしは、仕事のやりがいは「自分にまかされている仕事の重要性、自分にとっての価値、それに伴う自分の気持ちの張り具合」だと思っています。

ルーティンワークに飽きてしまったようなときは、資格取得をしてみたり、している仕事で効率化できそうなものがあれば、バンバンしていく。

マクロ組めそうなら組んでみる、改善してみる。

ということをしていると、ルーティンワークに飽きるということは軽減されて行くと思います^^

事務の仕事って、時短、効率化ができると楽ですしね。

時短、効率化ができると時間が空いてくるので、次のワークを追加されたりして、いつの間にか幅の広ーい仕事ができるようになっていて、重宝がられるというパターンはよくありますよ。

なくてはならない存在になります。

ミスが多くて、失敗が多い

ミスや失敗が起る時期ってありますよね。

「入社時と仕事に慣れてきた頃」この2つ。

事務はミスが許されない仕事とも言われたりしていますが、人間ですもの。

ミスはします。

社外を巻き込んでしまうと、ほんとに取り返しつかないよ!というときもありますが、一応なんとかはなります。

ミスが多いと落ち込みもするし、人も巻きみながらミスを取り返しに行かないといけないときもあるので、こういうときは、迷惑をかけてしまった・・・とよく落ち込みますよね。

私って事務に向いてないんじゃないかなぁ・・って浮かんできたりもします。

事務に向いてないなぁなんて悩んでいるなら↓記事が参考になります^^

事務の仕事を覚えられない

事務に就く前に、自分に事務の適性があるかどうかなんて分かりませんし、考えもしなくないですか?

いざ入社してみると、自分には事務の適性が無いんじゃないかって、いきなり壁にぶつかることがあります。

同じことを何度も何度も上司や先輩に聞いてしまったり、いつまでも仕事を覚えられないし慣れない。

わたし自信は、入社早々は、凡ミスはすごいし、何度も何度も同じことを聞いて(オウムか)、意味不明な残業時間があり、結構上司や先輩を呆れさせていました。

こうなってくると、辛いんですよね。

同じような悩みを抱えている人がいるならば「▶事務の仕事を覚えられない【経験者の裏技】慣れるまでの期間の目安」を参考にしていただけると、嬉しいです。

仕事ができない事務員さんが同じ部署にいる!私の仕事が増えている!

事務職をしていて、自分以外の別の事務員さんが恐ろしく仕事をしてくれなくて悩むことってありますよね。

人のことをあーだこーだ言えた義理ではありませんが、そんな私の目にもあり余るような、びっくりする事務員さんを目の当たりにした経験があります。

で、どうなるかって、その人の分の仕事が同じ部署の事務スタッフで割り振られるんですよ 泣。

裁量に幅があるのに、賃金は変わらない!こういう理不尽な思いをした経験もあります。

わたしと同じような悩みを抱えている方がいたら「▶仕事ができない【事務】わたしが見た仕事ができない事務員と対処法」を参考にしていただけると嬉しいです。

事務は辛いよ※お仕事環境編

一生懸命仕事しても評価されない!

よく聞くのは、一生懸命仕事をしても評価され辛い!ということですよね。

やって当然!して当然!?と思われている部分が多い事務職。

別に他人に感謝されたい!と思って仕事しているわけじゃないですが、「ありがとう」が心に染みることってあるじゃないですか。

人の役に立つことができるって、人から必要とされているってことで、そういう部分があると仕事にメリハリがついてやる気にも繋がっていきますよね。

そういう意識のある会社だといいんですが、あなたが仕事を早く、テキパキしていても、そこに気づいてもらえず、評価もされないなんて状況になると、さっきのメリハリ部分とは違ってやる気が猛烈に削がれます。

そういう状況になってしまっている!という方には↓こちらの「事務職で評価されないときの対処法!悪いのはあなたではありません!」を読んでみてください^^

仕事に見合う対価じゃない

事務で働いていて、仕事に見合う対価であればいいですが、そうでないときに気になるのが福利厚生とか残業時間などの労働条件、ですよね。

せめて、賃金が不満であるなら、他の福利厚生・労働条件などが譲れる条件になることがあります。

賃金も納得いかない、福利厚生も無い、労働条件も最悪!という会社での事務継続は無理ではないですか?

せめて自分自身が納得できる条件は確保したいですよね。

ただ、今あなたが不満を持っている会社=全ての会社ではないので、場所を変わることで、満足の行く転職先に出会える可能性はありますよ!

事務職って、会社によってする仕事や進め方、雰囲気が違うので、気持ちよく職場で仕事ができるか、できないかは職場環境にも、かなり左右されるものです。

事務の種類によって繁忙期は違ってくるので、いつが忙しいか気になるよ~という方は、こちらの記事に事務職の繁忙期、各事務職の平均残業時間をまとめています

どんなに好きな仕事でもですけど、人間関係に恵まれない職場では長続きしませんしね!

そういうときは、単に職場が合わないだけという可能性があるので、職場変更というのは有力な選択肢のひとつです。

事務を辞める!焦りから来る転職は失敗します

事務辞めるって決めたらどうする

事務を続けるにしても、辞めるにしても、退職してから転職活動をすると焦って失敗してしまう可能性もあります。

わたしの経験談ですが、焦って決めた転職は100%辞めます。

インストラクターを辞めた後に、一度就いた経理の仕事を1年で退職したのは、焦りから来る転職だったからです。

納める住民税や国民年金、国民健康保険料、生活費・・・こういうもので貯金がどんどん削られていくと不安になってくるんですよね。

その後経理の仕事を退職してから、人事・総務の仕事に巡り合えましたが、焦って転職をすると、自分が仕事に何を求めているのかハッキリしていない上、自分の適性も分からず、判断が鈍るどころか、正しい判断すらつかない状態です。

ヤバめ。

絶対おすすめできません。

次の職場を探すときには、漠然と探すのを止めて、できれば自分の譲れない条件を2つは決めてみてください。

そのためには、きちんと自分の考えを整理して棚卸してみるといいですよ。

こういう探し方がいいですよ
  1. 自分が譲れない条件のボーダーラインをせめて2つ決める
  2. 大きな妥協をしない

自分のボーダーラインをしっかり決めること。

例えば「残業がないところ」「給料が20万以上のところ」というような。

多く望みすぎても全てに一致する会社はないので、多くて2つまで考えてみてください。

そして大きな妥協をしすぎないこと。

なかなか決まらないから、給与希望の20万だし、残業時間多いけどいいかな・・とかではダメです!

自分の目的にあった環境で働くことは大事ですよ。

何を優先したいですか?

人間関係、やりがい、給料、周囲からの正当な評価、プライベートとの両立。

仕事に求めることを自分の中でハッキリ自覚すると悩みは消えます。

ここがぼんやりしていると、悩みってなかなか消えません。

事務は辛いと思って転職を検討されているなら、わたしみたいに失敗しないように、在職中に動くのが一番いいです。

相談だけでも十分価値がありますよ。

自分の強みって自分じゃ意外に気がつかないもので、転職エージェントのアドバイザーに相談してみると、ほんとに意外な発見があります!

相談は無料!!、そもそもなぜ事務職を辞めるのか、退職すべきか、転職すべきか?という細かいところまで相談できますし、転職先の細かい職場情報まで聞くことができるので、損はしませんよ。

就業中に転職活動をすると、焦りはない分、自分で応募書類(履歴書や職務経歴書)を用意したりするのが大変!

転職活動で、煩わしいのに重要な部分、そういうところは転職エージェントという専門家に任せてしまった方が、楽できますよ。

事務の転職に役立つ転職エージェント

事務の転職におすすめなエージェントです。

転職エージェントは企業性よりも、人によるところが大きいです。

百々乃

この人どう?

こんな風に思ったときは、すぐにほかの転職エージェントに切り替えてもらってくださいね。

はっきり言います。

エージェントに不満や疑問を持ちながら転職活動をするのは時間の無駄にしかなりません。

ほんとに時間の無駄をします。

良いエージェントさんもいるので、遠慮なんて捨て去ってください。

転職エージェントは色々で、スキル・考え方にバラつきがあるので、相性が合わない人が担当になってしまうと、自分が意図しないような転職活動になってしまいます。

転職サービスごとに比較するのではなくて、転職エージェントの比較をおすすめします。

納得できる転職活動ができるかどうかは、サービスではなく「相性の良い転職エージェント」に出会えるかどうかにかかっていると言っても過言ではないくらいです

百々乃

利用されずに、上手に利用させてもらいましょう。

転職エージェントの併用は可能です。

自分に合った転職エージェントを見つけて、続々と出来ている女性へのサポートに長けている転職サイト(エージェント)を使うといいですよ。

しかも、女性ならば、会社がちゃんとお金を出してまで欲しいと思っている会社に応募した方が、断然いいです。

ブラック企業への転職リスクが無くなります。

↓以下、特性をまとめているので、参考にしてみてください。

パソナキャリア

運営会社設立公開求人数
(株)パソナ1993年4,742件
非公開求人数対応地域ポイント
全体の8割全国都道府県非公開求人の多さ
※事務職4月時点

2016年3月に女性の活躍支援に特化したサービスを提供する『女性活躍推進コンサルティングチーム』を発足
全国都道府県に拠点があるため、地域に左右されにくいのも特徴で、パソナキャリアでしか取扱がない求人も保有しています。

要望・悩みに向き合い、キャリアアップも全力でサポート。

女性なら是非確認しておきたい、女性社員が活躍している事例、産休・育休から復帰した女性の数など、自分ひとりの転職活動では得られないリアルな情報を企業からしっかりヒアリングしてくれます。
丁寧なサポートでレスポンスも速く、特に「初めての転職で不安」「慎重に相談しながら転職活動を進めたい」という人に、おすすめの転職サービスです。

スカウトサービスもあり、自分で探さなくて良いので、転職活動に時間を割くのが難しい方も安心して利用できます。

リクルートエージェント

運営会社設立公開求人数
(株)リクルート1977年4,261件
非公開求人数対応地域ポイント
7,548件全国都道府県圧倒的な求人数
※管理・事務で検索、4月時点

転職サイト「」と同じ株式会社リクルートが運営する、国内最大の求人数と転職支援実績のある転職エージェント
何と言っても求人数が多いので、他の転職エージェントと比較検討しながら進めると良いです。

スカウトサービスもあり、自分で探さなくて良いので、転職活動に時間を割くのが難しい方も安心して利用できます。

doda

運営会社設立公開求人数
パーソルキャリア(株)1989年2,348件
非公開求人数対応地域ポイント
全体の3割全国転職サイトとの併用可
※利用しやすい
※事務職4月時点

転職サイトと転職エージェト2つの機能を兼ね揃えています。

転職サイトであるdoda中の女性向けコンテンツである「Woman Career」で求人を探し、 doda転職エージェントを使って応募するのが良策です。

スカウトサービスもあり、自分で探さなくて良いので、転職活動に時間を割くのが難しい方も安心して利用できます。

リブズキャリア

運営会社設立公開求人数
(株)リブ2014年81件
非公開求人数対応地域ポイント
非公開全国都道府県手厚いサポート
※スカウト機能あり
※事務職4月時点

ワークライフバランスを優先した働き方を目指している、女性のための転職エージェント
未経験の新しい分野・業種へのチャレンジへ精神があり、キャリアコンサルタントの手厚いサポートを希望されている女性の方におすすめ。
ただ、求人は首都圏が中心となっています※他地域も希に有ります!

キャリアパートナーというリブズキャリアのコンサルタントからスカウトを受けることができます。

事務の転職に役立つ転職サイトです。

事務の転職におすすめな転職サイトです。

リクナビNEXT

運営会社設立求人数
(株)リクルート1977年5,058件
非公開求人数対応地域 ポイント
なし全国都道府県スカウト機能
※管理・事務で検索、4月時点

「リクナビNEXT」は上場企業も名を連ねる正社員の求人が多く、しっかりとした企業が掲載されています。

求人数が多いので「スカウト機能」を使うと便利ですよ。

ただ、「転職サイト型」なので、キャリアアドバイザーによる求人紹介・応募書類添削・面接対策の利用はできません。

リクナビNEXTに登録するときに、「転職支援サービスに登録する」という項目にチェックすると、同時に「リクルートエージェント」への登録もできるので、併用できて効率的です。

【とらばーゆ】女性の求人・女性の転職情報サイト

運営会社設立公開求人数
(株)リクルート1977年1,099件
非公開求人数対応地域 ポイント
なし全国都道府県女性特化型
※事務で検索、4月時点

地域密着型転職サイト。

毎週月曜日・木曜日、週2回サイト更新されています。

更新日以外は求人情報は更新されないので、更新のタイミングでチェックするのがおすすめです。

「産休・育休取得実績あり」「18時までに退社できる」といった女性のこだわりを重視した検索が利用できます。

「子育てでブランクがある」「過去の経験を活かしたい」といった、個人のキャリアに応じた転職サポートも充実しています。

その他参考になるおすすめサイト

転職会議

企業の口コミサイトです。退職理由は個人によるところも大きいですが、リアルな企業の実態を知るのには参考になるサイトです。参考程度に登録しておくとリスクヘッジにもなります。

ミイダス

自分の市場価値を大体把握しておくことをおすすめします。

転職エージェントより紹介される案件が妥当な案件かどうか、判断材料になります。

事務 辛い

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる