子持ちで転職【事務】コツと選ぶべき転職エージェントを厳選しました

子持ちで事務への転職を考えていますか?

子育てしていると、休みたいときにサクっと休みたいし、定時で帰って家族との時間を増やしたい。

土日祝くらい家族と過ごしたいし、立ち仕事よりも座ってできるデスクワークがいいですよね。

わたしは、強く思ってます。

事務職なら長く勤められそうだし、体力も奪われない。

でも、子持ちで事務に転職って難しい?不利?いざ転職するにしても、どこに気をつけて転職活動すればいいかわからない!

さらに言うと、失敗もしたくない!

子持ち女性の転職活動ともなると「残業」「時短勤務」の要望って言いにくかったりしませんか?

子持ちで事務への転職を考えるなら、職場選びも大切ですし、時短勤務やリモートワークなどの案件を扱っている転職エージェントを上手に利用するのも大事です。

この記事では、子持ちで事務へ転職するときに気をつけたいこと、転職活動に失敗しないコツ、選ぶべき転職エージェントについてまとめています。

参考にしていただけると嬉しいです。

目次

子持ちで事務への転職は難しい?不利?全ての企業でそうとは限りません

子持ちで転職する女性

子持ちだと、転職が難しくなったり、不利になることがあるのか気になりますよね。

事務職はシフト制でもなく、チームワーク制でもない、仕事の計画を自分で立てやすい職種です。

締切りなど、どうしても休めない日も前もってわかるので、計画性さえ持っていれば、仕事の前倒しをしたりして、急な休みでも変わりの誰かを探す必要もありません。

例えば1週間欠勤したとして、その間の仕事は他の事務員さんが代行して進めてくれたりします。

百々乃

じゃぁ、積極的に採用しても大丈夫でしょ?

と思いますよね。

これは企業にもよることですが、事務への転職で企業側が気になることがあるとすれば↓こんなことです。

子持ちの女性の事務への転職活動※採用するときに企業が気にする4つのこと

採用担当

1.子供の年齢
2.今後の出産予定
3.ブランク期間
4.家庭の事情での早期退職

この4つです。

0歳~2歳までは急な発熱で休む回数も多いでしょうし、今後の出産予定によっては、産休、育休中の仕事の分散も考えないといけない、ブランク期間が多いと、スキルに遅れがあったり、鈍化などをしている可能性もあり、事務の即戦力として期待するのが難しいと思われているんです。

そして子育てからの復職となると、やっぱり子育てとの両立無理・・・と退職されないか危惧されがちです。

0歳~2歳は特に、慣れない環境で体調を崩すことも多いので、急な早退、欠勤は必然的に多くなりますよね。

わたしの経験談ですが、事務で職場復帰後、急に半月ほど子供の下痢対応で休まざるを得なくなった経験があります。
復帰したのに、何やってんだろう・・とも思いましたが、実際こんなものだと思います。

その後も、感染性胃腸炎やら、発熱やら・・2,3日だったり、1週間まとめて休んだり、何度もありました。

事務はマルチタスク多いので、個人的には「主婦、ママ」はすごいキャリア、マルチタスクなんて日常茶飯事しているので事務としての能力にも長けていると思うんですが、一部の企業では、こういう認識のところもあります。

ただ、これは企業によります。

子持ちだからと言って、全ての企業で転職が難しくなったり、不利になったりするわけではありません。

働くなら、子育てに理解のある職場がいいですし、女性が多いだけでもダメ、同じように子育てしている境遇の女性が実際にいる職場である方がいいに決まってます。

難しいと感じたり、不利に感じたりすることはあるかもしれませんが、そのことだけに囚われずに、働きやすい職場を探すことが大切です。

その為には、気をつけたいポイントがいくつかります。

子持ち女性が転職で気をつけておきたい3つのポイント

子持ち女性の面接対策

転職したとしても、子持ちであることに理解のある職場でないと意味がありません。

また転職活動をしないといけなくなってしまうので、↓これは気をつけたいです。

これだけは気をつけたい3つのポイント
  • 会社は家から近いですか?
  • 女性が多いだけじゃダメですよ、同じ境遇、子持ちの女性はいますか?
  • 産休・育休制度は整ってますか?
  • 正社員事務がいいよ!と思った理由は何ですか?

ママは朝大忙しですよね、家事、子供の朝ご飯、園の準備など、通勤時間が長いと通うのも億劫ですし、園からの急な呼び出し対応に大変です。

同じ境遇、子持ちの女性が職場にいるということは「子持ちであることに理解のある職場」という証です。

女性が多い職場が、子持ちであることへの理解が深いとは限らず、独身女性ばかりが集う会社では意味がありません。

急に休んだとして「ズルイ」と言われる可能性も否定はできませんからね。

復職できるので、産休・育休制度が整っている会社であった方がいいですよね。

また一から転職活動することもありません。

そして、事務へ転職希望することで大切なことですが、自分が事務職に就きたい!と思ったその理由を忘れないこと。

転職となる動機には「自分が一番大切にしているものが守られていない、阻害されている」ということが挙げられますよね。

もっと、こうであれば○○できるのに!というその部分。

それが転職活動では指針になるので、忘れずに前を向いて転職活動することが大切だと思います。

そうでないと、面接などでオロオロ、オタオタしてしまって「不採用」になりかねないからです。

意思・ママで働くという自覚をきちんと持って、面接対策をしっかりしておいてください。

子持ちならではの面接対策※質問の回答を用意しておきましょう

子持ち女性に必ずされるような、質問の回答をあらかじめ用意してた方がいいですよ。

こんなこと聞かれがちですよ
  • 近くに子育てを手伝ってくれそうな親戚(両親、義両親)はいますか?
  • (小学生以下なら)何時から何時まで園に預けられそうですか?
  • (小学生以上なら)学童の利用はされる予定ですか?
  • (正社員で応募したけれど、状況を説明すると)他の雇用形態(パート)でどうですか?
  • ご主人の理解は得られていますか?

子持ち女性の転職で聞かれるがちなのはやっぱり、いざとなったときの対応です。

面接での、採用するに相応しい人か?という厳しい目線を通過した後・・

採用担当

パートでどうでしょう?

と雇用形態の交渉をされることもあるかもしれません。

突然「パートでどうですか?」と聞かれても、想像もしてないことでしょうから、「え!?パート!?(オタオタ)」なんてなるかもしれません。

「それでも大丈夫です。」と伝えたとして、帰ってから、やっぱ正社員がいいわ・・・なんて後悔することがないように、自分が事務に転職したいと思った理由、指針を思い返して、ちゃんと答えを用意しておくといいですよ^^

「できれば正社員での転職を希望しています。パートでの採用となった場合、正社員への登用制度は設けていますでしょうか?」

など、いざ面接に出向いてオタオタするのでは、不信感しか与えないので、用意しにくくても、ある程度自分なりに「こう答えよう」というものは用意しておいた方が良いです。

両親や義両親に協力してもらって「両親が近くにいるので、いざというときには頼むこともできます」とアピールできるといいんですが、それができない人もいますよね。

親が近くにいない自分でも、転職を諦めないこと。

ご主人が家にいて欲しい!という人なのに、働くことを決断して家庭不和ということにならないように。

例え「採用」されることが目的だとしても、事実をねじ曲げて伝えたりすると、入社してからが大変になるのは目に見えています。

それじゃ採用なんてされないじゃないか!という声も聞こえてきそうですが・・

こんな風に、子持ち女性の転職活動って、たくさんのエネルギーを使いますし、応募書類を整備したくても、育児と両立しながらの転職活動となると、なかなか時間が割くことができないし、大変じゃないですか?

ハローワークで探しても、地元に密着してる求人は多いでしょうが、良質な求人の見極めも難しいし、ブラック企業が紛れている可能性だってあります。

子持ちなのにブラック企業なんて、まっぴらゴメンです。

しかも、残業や時短勤務の要望を自分から言うのも勇気必要だし、賃金の交渉って入社してからするのってどうなの?とも思うし、転職活動の段階で済ませたいところです。

わたしは交渉ごとが苦手なので、してもらえるなら、もうやっちゃってもらいたい!と思うタイプです。

そしてその様子は壁の隙間から見てたい。

そういうわたしと同じタイプの子持ち女性が、転職を考えるなら、転職エージェントを利用して、専門家の力を借りた方が効率のいい転職活動ができますよ。

エージェント経由でしか求人しない良質な質の高い求人が集まりやすいですし、無料で相談に乗ってもらうこともできるので損することはまずないです

転職に不安を感じたら転職エージェントを活用して、楽をしましょう

転職エージェントに相談する女性

親が近くにいないから、自分には転職は無理なんじゃないか?などの不安もあって当然だと思います。

ただ、親が近くにいないから「子連れ転職が無理」ということはありません。

転職となる動機「自分が一番大切にしているものが守られていない、阻害されている」この理由を思い出してください。

妥協が大きいと、結局すぐ転職してしまうことになりかねませんから、自分が事務に転職したいと思った動機、これを忘れず、その上で、雇用形態だったり、通勤時間、妥協できる、これくらいなら大丈夫という部分を転職エージェントのキャリアアドバイザーと相談していくことで、転職への不安もなくなり、自分に合った転職先を見つけることができますし、転職先とのミスマッチも起りません。

転職するときに、一番大事になるのがここです。

ここが曖昧になると、思いもよらない転職になってしまいます。

そこからは、紹介されて気に入った求人や、自分で気に入った求人に応募したり、書類選考に通過することができれば面接です。

まずは、自分の都合を企業側にも理解してもらうために、ちゃんと伝えることが大切で、上手に伝えることができないと感じるならば、転職エージェントという相談に乗ってくれるアドバイザーをうまく利用することが子持ちで転職活動をするコツになります。

「子持ちだし・・・」ではなくて、「子持ちであること」それは悪いことではないですから。

自分の意思をしっかりもっていると、企業への伝わり方も変わりますし、転職エージェントのアドバイザーへの伝わり方も変わります^^

転職エージェントは全て無料で使うことができるので、登録されてみて、まずは相談からされてみたら良いと思います。

それだけでなく、通常の求人サイトやハローワークなどには出ていない、非公開求人を持っている転職サイトもあるので、使わないのは本当に損だと思います。

ただ、エージェントを利用するに辺りどうしても起きてしまう問題、「アドバイザーとの相性」というのがあります。

転職サイト(転職エージェント)の利用を考えるなら、転職エージェントのアドバイザーとの相性、自分の将来性をしっかり見極めるためにも、複数登録して比較しながら利用する方が断然効率的です。

転職活動には「運」と「タイミング」があります。

まずは、無料登録が第1歩です!登録して、損はありませんよ^^

気をつけて!転職エージェントは企業性よりも人によります

転職エージェントは企業性よりも、人によるところが大きいです。

百々乃

この人どう?

こんな風に思ったときは、すぐにほかの転職エージェントに切り替えてもらってくださいね。

はっきり言います。

エージェントに不満や疑問を持ちながら転職活動をするのは時間の無駄にしかなりません。

転職エージェントは色々で、スキル・考え方にバラつきがあります。

相性が合わない人が担当になってしまうと、自分が意図しないような転職活動になってしまうので、転職サービスごとに比較するのではなくて、転職エージェントの比較をおすすめします。

納得できる転職活動ができるかどうかは、サービスではなく「相性の良い転職エージェント」に出会えるかどうかにかかっていると言っても過言ではないくらいです

採用担当

転職エージェントの併用は可能なので、コツとしては、総合型に2つほど登録。

特化型(女性専用、ママ専用)に2つ登録するといいです。

アドバイザーに相談してみて、相性や知識を見て、最終的に2〜3社に厳選するのがベストです!

女性ならば、会社がちゃんとお金を出してまで欲しいと思っている会社に応募した方が、断然いいです。

ハローワークよりおすすめです!ブラック企業への転職リスクが無くなります。

↓以下、特性をまとめているので、参考にしてみてください。

子持ちで事務に転職する※特化型転職エージェント

子持ちで事務に転職するときに、おすすめなエージェントです。

【第1位:女性・ママ特化】登録だけは済ませたいママキャリ

運営会社設立公開求人数
株式会社Compass2015年不明
非公開求人数対応地域ポイント
不明東京/神奈川/埼玉/千葉/愛知/大阪が中心子育てママに特化

㈱Compassは、創業6年で1000名体制まで急成長した営業系ベンチャー企業の採用・教育・集客を行ったメンバーが立ち上げた人材コンサル会社。

「仕事と育児の両立を当たり前に」という企業理念のもと、女性が時短勤務・リモートワークで活躍できる社会を目指している転職エージェントです。

希望の職種の採用動向チェック、子供の成長を考慮したキャリアプラン形成、求人のピックアップ、内定条件の交渉など、入社までを2人3脚でサポートしてくれます。

アドバイザーとしてサポートしてくれるのは、全員ワーママ。

キャリアと子育てどちらも大事にしたい!というママにおすすめの転職エージェントです。

\LINEでも無料登録できます/

【第2位:女性特化】手厚いサポートが売り!リブズキャリア

運営会社設立公開求人数
(株)リブ2014年81件
非公開求人数対応地域ポイント
非公開全国都道府県手厚いサポート
※スカウト機能あり
※事務職4月時点

ワークライフバランスを優先した働き方を目指している、女性のための転職エージェント
未経験の新しい分野・業種へのチャレンジへ精神があり、キャリアコンサルタントの手厚いサポートを希望されている女性の方におすすめ。
ただ、求人は首都圏が中心となっています※他地域も希に有ります!

キャリアパートナーというリブズキャリアのコンサルタントからスカウトを受けることができます。

正社員×時短で探せる!/

子持ちで事務に転職する※総合型転職エージェント

【第1位:総合型】利用者満足度3年連続総合1位!パソナキャリア

運営会社設立公開求人数
(株)パソナ1993年4,742件
非公開求人数対応地域ポイント
全体の8割全国都道府県非公開求人の多さ
※事務職4月時点

2016年3月に女性の活躍支援に特化したサービスを提供する『女性活躍推進コンサルティングチーム』を発足
全国都道府県に拠点があるため、地域に左右されにくいのも特徴で、パソナキャリアでしか取扱がない求人も保有しています。

要望・悩みに向き合い、キャリアアップも全力でサポート。

女性なら是非確認しておきたい、女性社員が活躍している事例、産休・育休から復帰した女性の数など、自分ひとりの転職活動では得られないリアルな情報を企業からしっかりヒアリングしてくれます。
丁寧なサポートでレスポンスも速く、特に「初めての転職で不安」「慎重に相談しながら転職活動を進めたい」という人に、おすすめの転職サービスです。

スカウトサービスもあり、自分で探さなくて良いので、転職活動に時間を割くのが難しい方も安心して利用できます。

サポート力が手厚い!/

【第2位:総合型】業界最大求人数、業界大手のリクルートエージェント

運営会社設立公開求人数
(株)リクルート1977年4,261件
非公開求人数対応地域ポイント
7,548件全国都道府県圧倒的な求人数
※管理・事務で検索、4月時点

転職サイト「」と同じ株式会社リクルートが運営する、国内最大の求人数と転職支援実績のある転職エージェント
何と言っても求人数が多いので、他の転職エージェントと比較検討しながら進めると良いです。

スカウトサービスもあり、自分で探さなくて良いので、転職活動に時間を割くのが難しい方も安心して利用できます。

【第3位:総合型】求人多数!女性向け転職サイトと併用できて使いやすい!doda

運営会社設立公開求人数
パーソルキャリア(株)1989年2,348件
非公開求人数対応地域ポイント
全体の3割全国転職サイトとの併用可
※利用しやすい
※事務職4月時点

転職サイトと転職エージェト2つの機能を兼ね揃えています。

転職サイトであるdodaの女性向けコンテンツである「Woman Career」で求人を探し、 doda転職エージェントを使って応募するのがコツです。

スカウトサービスもあり、自分で探さなくて良いので、転職活動に時間を割くのが難しい方も安心して利用できます。

事務未経験なら、転職サイトも併用すると良き

採用担当

キャリアが全くなかったり、未経験の職種だと転職エージェントで事務を見つけにくいときもあります。

そんなときは、転職サイトも併用して利用すると効率がいいですよ。

がんばって!

事務の転職におすすめな転職サイトです。

【総合型】スカウト機能もある転職サイト!リクナビNEXT

運営会社設立求人数
(株)リクルート1977年5,058件
非公開求人数対応地域 ポイント
なし全国都道府県スカウト機能
※管理・事務で検索、4月時点

「リクナビNEXT」は上場企業も名を連ねる正社員の求人が多く、しっかりとした企業が掲載されています。

求人数が多いので「スカウト機能」を使うと便利ですよ。

ただ、「転職サイト型」なので、キャリアアドバイザーによる求人紹介・応募書類添削・面接対策の利用はできません。

リクナビNEXTに登録するときに、「転職支援サービスに登録する」という項目にチェックすると、同時に「リクルートエージェント」への登録もできるので、併用できて効率的です。

【女性特化】女性の求人・女性の転職情報サイト【とらばーゆ】

運営会社設立公開求人数
(株)リクルート1977年1,099件
非公開求人数対応地域 ポイント
なし全国都道府県女性特化型
※事務で検索、4月時点

地域密着型転職サイト。

毎週月曜日・木曜日、週2回サイト更新されています。

更新日以外は求人情報は更新されないので、更新のタイミングでチェックするのがおすすめです。

「産休・育休取得実績あり」「18時までに退社できる」といった女性のこだわりを重視した検索が利用できます。

「子育てでブランクがある」「過去の経験を活かしたい」といった、個人のキャリアに応じた転職サポートも充実しています。


【女性特化】正社員に拘らない働き方※ラシーク

運営会社設立求人数
(株)綜合キャリアオプション2001年8月602件
非公開求人数対応地域 ポイント
なし全国都道府県女性特化型
※事務で検索、4月時点

「ラシーク」では一般事務、営業事務、総務事務、経理事務、学校事務、事務軽作業、貿易事務、英文事務など、細かく分けて掲載されているので、自分に合った求人を見つけやすい転職サイトです。

未経験求人も多め。面白いことに、土日休み、髪型やOK、女性多めの職場、ネイルOK、残業なしの条件で求人を絞ることもできます。

登録から仕事紹介、就業中や退職後のフォローなど、一人ひとりへのフォローを行うwebサポートサービスがあり、働いてからの不安まで相談することができます。

その他参考になるおすすめサイト

転職会議

企業の口コミサイトです。退職理由は個人によるところも大きいですが、リアルな企業の実態を知るのには参考になるサイトです。参考程度に登録しておくとリスクヘッジにもなります。

ミイダス

自分の市場価値を大体把握しておくことをおすすめします。

転職エージェントより紹介される案件が妥当な案件かどうか、判断材料になります。

子持ち 転職エージェント

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる